クラシックで脳が活性化すると言われる理由

クラシックを聴くことによる様々な効果

クラシック音楽のリラックス効果

クラシック音楽には癒しの効果があるとも言われています。科学的な研究がなされていることは勿論ですが、そうでなくてもクラシックを聴くとリラックした気分になるのは間違いないですよね。
クラシックにはゆっくりとしたテンポの曲が多く、それが人間の心拍数に近いため、より一層リラックスできるそうです。
クラシックを聴いていたらあまりの心地よさにウトウトしてしまった…という経験がある人もいるのではないでしょうか。
この効果を利用して睡眠の質を上げることもできるため、睡眠時の音楽としてクラシックを活用している人も多いようです。

また、クラシック音楽は右脳を刺激すると言われています。私たちは日常生活では主に左脳を使っていることが多いため、クラシックで右脳が刺激されることで、日頃酷使されている左脳が休まり、脳の疲労回復にも繋がるのです。

クラシック音楽で勉強効率アップ

私たちは、リラックスしている時には時間の流れもゆったりと感じられるそうです。
そのため勉強や読書をする際にクラシックを流すことで、落ち着いた心理状態で集中することができ、その効果が高まると言われています。

とは言え、集中したい時は無音でないとはかどらないという人もいると思います。また普段からクラシックは聴き慣れていて、メロディもどんどん飛び込んでくるので気が散ってしまう…となるともちろん逆効果になってしまいます。
その場合は勉強中ではなく、始める前に聞いてみたりするのも効果的です。もしくは、クラシックにこだわらず、ダウンテンポで曲調に変化のある曲などを選ぶことで、同じような効果を得られることでしょう。

脳に良い影響を与えるのはどういった状況の時なのか、といった特徴を押さえておくことで、クラシックに限定することなく自分に合った曲で身体をコントロールできるようになるのではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る